主婦の働き方情報 PICK UP!

ライターとリライトライターの違い

ライターとリライトライターとは、似ているようですが違うお仕事です。ライターとリライトライターと両方のお仕事をされている方も多くいらっしゃいます。お家でお仕事をしたい主婦のみなさまにはオススメのお仕事なのでご紹介します。

 

リライトライターがオススメの理由

・リライトライターは、今クラウドソーシングサイト等でも、かなり需要が高まっているお仕事です

・リライトライターも在宅ワークや副業初心者の方もはじめやすいお仕事です

・お家でお仕事をしたい主婦に続けやすいお仕事です

 

リライトライターとは?

リライトライターは、ライティングのお仕事の中でも、今需要が高まりつつある仕事です。

ライターとは、依頼内容に基づき、取材などを行い、それについて書くことが一般的な仕事ですが、リライトライターとは、既にある文章を、文の重要ポイントは変えずに、別の言葉で別の文章として書き直す作業をするお仕事のこと。

出版業界などでの編集の現場では、『リライトする』というと、元の文章をなるべく変えずに、よりよい文章にするために手を入れ、校正するということを言う場合が多いですが、今需要が高まっている『リライトライター』とは、元の文章とは全く似ても付かないが、言っていることは同じ、という文章を作るお仕事ということになります。

いきなり0から文章を書くのは難しいかもしれませんが、元の記事を書きかえると言うのであれば、かなり負担も軽くなるかもしれませんね。

 

リライトライターのお仕事のポイント

依頼された内容に対して、「元の記事の趣旨をよくくみ取り、違う表現方法などに書きかえる」という作業です。

・元となる文章全体を通して何度も読みこむ

・何が言いたいのかのポイントをつかむ

・どのように結論に結び付けたいのかをとらえる

と言うこと重要ポイントです。

まずはやってみる。文章に慣れていくということからはじめられるお仕事と言えるかもしれません。

ただ、『リライト』と言ってもお仕事です。

文章をちょっと変えたら良いなどと安易に考えないでください。

リライトライターも立派なお仕事です。

ライターとはまた違う能力が求められています。

常に表現方法の学びなど広い視野を持ち、活動していくことが重要なお仕事だと言うると思います。

 

リライトライターのお仕事の注意ポイント

リライトライターは、元の文章を書き換えるというお仕事です。文章には、著作権保護があります。参考にする文章や元の文章に似た様な部分が多くてはお仕事としては成り立ちません。

文章の意図は変えずに、話の順番を変えてみたり、使う言葉や言い方を変えたり、読み手の気持ちと発信者の気持ちを考えながら、自分なりの文章でどう整えていくかを考えながら作業をしていきくことがポイントです。

慣れてきたら少し個性を入れてみたりすることで、お仕事の継続依頼、お仕事単価アップのポイントに繋がるかもしれませんね。

少しずつ学び、稼ぐ力を身につけていきましょう!

関連記事

  1. 【家事代行を利用した感想と選び方】メリットは家事がラクになるだけではない

  2. 家事代行マッチングサイトCaZy(カジー)に賢い主婦がスタッフ登録する理由が見えてきた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP